眼精疲労博士の現代病の眼精疲労
の効果的な対処法とは

眼精疲労には目薬が効果的です。

近年は、デジタル化時代とも揶揄されているように、仕事や私生活で、
パソコンやスマートフォンに触れる機会が飛躍的に増えており、
眼精疲労や疲れ目は現代病の一つといっても過言ではありません。

ほとんどの仕事でパソコンを使うようにもなっており、
これからもこの傾向は、増えこそすれなくなることはないので、
目の疲れとは上手に付き合っていくしかありません。

遺伝的な要素が強いと言われる近視も実は眼精疲労が元で発生して
います。子供がよくなる仮性近視も実は目の疲れから発生している
ことが多いです。

最近は眼精疲労に効く目薬がたくさん増えており、
ドラッグストアでも手軽に購入できるので、バッグの中、自宅、会社と、
常に切らさないようにストックしている人も多いようです。

眼精疲労

本来ならば眼科へ行き、医師の診断を受け目薬を処方してもらうべきなのですが、
ものもらいや結膜炎などのようなものでなければ、なかなか眼科へ行こうと考える人も少なく、
薬局で専用の目薬を買い求める人のほうが圧倒的に多いようです。

さて、眼精疲労や疲れ目には、目の筋肉のこりをほぐしてくれる成分が配合された目薬が効果的で、
代表的なものとしてはビタミンB群やタウリン、アスパラギン酸などがあげられます。

またビタミンEは、目の細かい神経である末梢神経の血流の流れを良くしてくれるので、
配合されている商品も多いようです。

こういったものを使うことも目の疲れを癒すには効果的ですが、
それと同時に、定期的に画面から目を離し休ませたり、目の周辺のツボを押してみたり、
ホットアイマスクなどで目を温めるというのもかなり効果が期待できるのでお勧めです。